【食事療法】薬に頼らず痛風対策?

痛風は激痛を伴う発作として知られています。一番多いのは足の親指の付け根あたりですが、他にも、指関節であったり、くるぶしであったり、足首であったり、症状は色々なところに現れる可能性があります。

膝や、手、肩などに痛風の症状が現れる人もいるくらいです。痛風は高尿酸値の人が発症しやすいと言われており、その尿酸値に大きく関わってくるのがプリン体です。プリン体を多く含んでいるものを摂取しすぎると、尿酸値が上がる原因になってしまうのです。

しかし実はプリン体の多くは体内で勝手に作られてしまうということをご存知でしたか。それは驚くべき数字で、1日に増えるプリン体の8割近くが体内で作られてしまっており、食べ物を摂取するというプリン体は2割程度なのです。

しかし、だからといって食べ物が関係ないというわけではありません。痛風持ちの人が、前日にビールやレバー、白子など、プリン体が多いものを摂取すると、かなりの確率で痛風が発症してしまいます。

ですから、やはりプリン体が多く含まれるものは控えた方が絶対に良いのです。

 

プリン体の多いものもあれば、少ないものもありますが、プリン体の少ないものを摂取するという意識よりかは、野菜を中心としたバランスの良い食事を意識する方が、よっぽど有効な食事療法だと言えます。

それから適度な運動をして、新陳代謝を良くする身体づくりも心掛けましょう。ウォーキング程度の適度な運動で構いません。

先にプリン体の多くは実は体内で作られると述べたように、激しい運動をしすぎると、それがキッカケで大量のプリン体が体内で作られてしまうのです。

 

コメントを残す