ニキビの薬について

ニキビができてしまった場合、まずは塗り薬でケアしようと考える人も多いでしょう。

テレビなどでもよく見かけるのですが、症状によって使えるものと使えないものがあるので注意が必要です。また、ドラッグストアなどで購入で購入できるものと病院で処方してもらうものの2種類があります。

ドラッグストアなどで販売されている医薬品は、病気の治療や予防に使われるものであり、厚生労働省にその効果が認められています。しかし、医薬部外品は予防や衛生を目的に作られており、医薬品と化粧品の中間に位置しています。

 

病院で処方される薬はニキビの腫れを抑えるタイプと抗生物質がメインであり、皮脂分泌抑制剤やビタミン剤などが処方されることもあります。

患部の腫れを抑えたり、菌を殺菌するなどの効果がありますが、何を処方されるのかは医師の判断によって異なります。

ちなみに、ニキビの塗り薬の中には肌を乾燥させてしまうものもあり、症状が改善しても肌が乾燥していると皮脂の分泌が増えてしまうことがあります。なぜ肌が乾燥すると皮脂が出るのかということですが、肌というのは乾燥すると自ら皮脂を出して肌を守ろうとするのです。それがニキビの原因となってしまうこともあるので注意しましょう。

 

ニキビを改善させるために油分を取ろうとする人もいるのですが、それは逆効果になってしまうということです。ニ

キビを改善するためには油分も必要だということを知っておきましょう。肌が乾燥する場合は専用の化粧品を一緒に使うのがおすすめです。

コメントを残す