便秘解消へのアロエの取り入れ方?

Dollarphotoclub_71513747

 

 

便秘にアロエが効くということで、実際に取り入れている方も多いと思います。

アロエはとても苦いものですから、摂り方にも工夫が要りますよね。でも、便秘にアロエが効くのは、その苦みの成分「アロイン」のおかげですから、少しでも工夫をして、便秘解消法のひとつとして取り入れてみましょう。

 

便秘に効くアロエの食べ方としては、おろし汁を飲む他、ハチミツにレモンと一緒に漬ける、アロエジュースにして飲む、生の葉を薄くスライスしたものを、レモン汁やわさび醤油などで食べる、みじん切りにしてサラダにまぜる、などのアイディアがあります。

どうしても生で食べられないという人は、粉末のアロエなども市販されていますから、こうしたものを利用するのも良いかと思います。

 

便秘にはアロエとヨーグルトの相乗効果、ということも良く言われますので、市販のアロエヨーグルトも良いかもしれません。

ヨーグルトの中にある善玉菌は、胃を通り抜けるときに大半が胃酸の攻撃を受けて死滅してしまいますが、アロエには胃酸から善玉菌を守る働きがあるため、一緒にとると、腸まで到達する善玉菌の数を増やすことができます。

 

アロエを摂る時は、量が多すぎると効き目が強くなりすぎることもありますので、自分に合った量を探しながら、少量ずつ試すようにしましょう。また、妊婦中の便秘の方は服用を避けて下さい。

 

コメントを残す