子供のいびきの症状には要注意?

子供がいびきをかき始めたら、注意が必要です。本来、子供はいびきをかかないものです。それにも関わらず、子供がいびきをかくのは、なにかしらの疾患が隠れている可能性があります。

子供のいびきの症状に気づいたら、まずは良くその様子を観察して下さい。口を開けて寝ていないか、息を吸うときに極端に胸が引っ込んで、漏斗胸になっていないか、無呼吸になる瞬間がないか、無呼吸といびきを繰り返していないかなど詳しく見てあげて下さい。

また、日中の様子にも気をつけて注意してみるようにして下さい。日中から眠たそうにしていたり、活動量が少ない、ぼーっとしているなどいびきが原因の睡眠不足が疑われます。

子供はいびきにより、低酸素状態になり、発育に影響が出る場合があります。強弱体質になったり、運動能力の低下も懸念されます。また、ぐっすりと充分に眠れないため、成長ホルモンの分泌も悪くなります。そのため、身長や体重が増えないなどの身体的な症状もあらわれるようになります。

子供のいびきは精神面にも大きな影響を与え、常に活気がなく、積極性に欠け、他のこどもと遊ぶことを避けるようになったり、家にこもりがちになったりします。学力の低下を引き起こす場合もあります。ノンエー

子供のいびきは、時に大人よりも深刻です。軽く考えず、小児科や耳鼻咽喉科の医師と相談して、いびき治療法を考えてみて下さい。

コメントを残す