救命処置の大切な胸骨圧迫とAEDについて

地方の現場にいたときは職場に救急隊員が訪れて蘇生法やAEDの使い方などの救命処置について実習してくれていました

毎年実習があったので私もだいたいは救命処置についてできる状態でしたでも東京の本社に来てからは全く機会が無くなったので今ではほとんど忘れてしまいおそらく救命処置をする場面があったとしても手を出せないと思います

今後は高齢化がどんどん進み救命処置をしなけらばならない場面が増えていくと思うので救命処置法について再整理をしたいと思います

胸骨圧迫

以前は患者の呼吸が止まっていると思われるときは人工呼吸と胸骨圧迫を交互に繰り返す方法を教わったのですが数年前から胸骨圧迫だけでも良くなり覚えることが少なくなりました本当は人工呼吸も併用した方が良いそうです

話を戻して胸骨圧迫については患者の呼吸が感じられなかったらすぐに始めなければならず圧迫する早さは1分間に100120回です

1秒間に2回ほどの速さで胸を押すことになっています胸の押し方は患者の胸が5cm以上沈むくらい強く押さなければなりませんので両手を使って力強く胸を押します

AEDの使用

もう一つの救命処置はAEDですAEDは心停止心臓が止まっている場合に電気ショックで心臓の鼓動を回復させる機械です最近は公共の場所や会社などに設置されているのでよく見かけられるようになりました

使い方は比較的簡単なうえに電源を入れると音声で使い方を案内してくれるので初めてでも気が動転していなければ何とかなるはずです。AEDの設置を検討している人はこちらのサイトが参考になります。

>>サルでもわかるAED|AED導入の価格・サービスを徹底比較

以上のように呼吸が止まっているときや心停止の場合の救命処置はやることは一つなので臆せず実行してください

コメントを残す