肌の保湿と肌年齢の関係性?

肌の保湿と肌年齢は切っても切り離せない関係性です。

肌の保湿力が高ければ高いほど肌年齢は若くなります。

年齢を重ねるにつれてコラーゲンやヒアルロン酸やセラミドはどんどん減少していきます。

そのことにより、肌に水分や油分などのうるおいを保つことができなくなってしまい角質のバリア機能が低下してターンオーバーの乱れが生じます。

ターンオーバーが乱れると肌細胞の再生がうまくいかなくなり、しわ、シミ、くすみ、たるみ、ニキビ、ごわつき、ざらつき、毛穴の開きなどの肌トラブルが発生して肌年齢はどんどん高くなっていきます。

見た目年齢にも大きく影響して老け顔の原因にもなってしまいますので、それなりの年齢になったらアンチエイジングのための保湿ケアがとても重要になります。

そのためには、保湿化粧品による毎日の丁寧なスキンケアが必要不可欠です。

保湿化粧品は様々なメーカーやブランドから様々なタイプのものが市販されていますので、自分にぴったり合ったものを選んで効果的にスキンケアに取り入れましょう。おすすめはメディプラスゲルです。

保湿化粧品の保湿効果を高めるために角質ケアをすることも大切です。

角質を健やかに保つことで保湿化粧品の浸透力を格段に高めることができますので、ふき取り化粧水やパックやピーリング剤やブースターをスキンケアに取り入れて角質を柔らかくなめらかに整えましょう。

化粧水は、ハンドプレスでしっかりと二度づけして肌に浸透させたりコットンやシートマスクなどを使用して肌の奥の方までうるおいを行き渡らせるようにするのが効果的です。

肌の保湿と肌年齢の関係性をきちんと理解してアンチエイジングに努めましょう。

 

コメントを残す